ホーム > PICK UP! > MAB マネジメント・管理職 > SNSが浸透した社会では「きれいごと」が利益の源泉になる

PICK UP!

SNSが浸透した社会では「きれいごと」が利益の源泉になる

00000037_eye_catch__thumb.jpg

【タイトル】 絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?〜
【著者】 清水康一朗/著
【出版社】 フローラル出版
【定価】 1,760円
【出版日】 2022年1月17日発売
【NDC】 335.04
【HBC】 MAB
【内容紹介】 SNSが浸透した社会では、「人や環境に善いことをする」=「きれいごと」が利益の源泉になる。「絆徳経営(ばんとく)」では、日本的な道徳観と西洋的な経済合理性を両立させ、三方よし(お客様、従業員、社会)の会社経営を勧める。多くの経営者が理念よりも経済合理性を優先させ、「善いこと」を実践できていない。やるべきことはただ一つ、「絆」を結ぶこと。